沿革

1949(昭和24)年 9月 熊本市出水町今に結核回復者4名がコロニープリント社設立
1954(昭和29)年 4月 熊本市宮内町1番地(現、熊本県営藤崎台球場)に移転し、熊本県コロニー協会と名称変更 総員29名
1956(昭和31)年 7月 財団法人 熊本県コロニー協会設立
1960(昭和35)年 2月 熊本市二本木3丁目12番37号(現在地)に移転 総員41名
1961(昭和36)年 3月 社会事業授産施設 熊本授産補導所(定員50名)開始 総員51名
9月 宿泊所楠風寮を新築
1963(昭和38)年 2月 オフセット印刷開始
3月 社会福祉法人 熊本県コロニー協会認可 総員62名
1966(昭和41)年 10月 写植製版開始
1967(昭和42)年 2月 カラー美術印刷開始
1968(昭和43)年 1月 熊本授産補導所を熊本コロニー作業所に名称変更
1983(昭和58)年 4月 熊本コロニー作業所(定員30名)と身体障害者福祉工場 熊本福祉工場(定員50名)に分離切り替え、宿泊所楠風寮を廃止
1999(平成11)年 9月 創立50周年 総員106名
2004(平成16)年 12月 知的障害者通所授産施設 旦過園(定員30名)開所
2007(平成19)年 4月 熊本コロニー作業所が就労移行支援(6名)、就労継続支援B型(定員30名)に事業体移行
2010(平成22)年 2月 熊本県の指定を受け、協会敷地内にて熊本県コロニー協会相談支援センター開始
4月 熊本福祉工場が就労継続支援A型(定員40名)に事業体移行
熊本福祉工場宿舎を熊本コロニー福祉ホーム(定員20名)に変更
2011(平成23)年 4月 熊本コロニー作業所の就労移行支援の定員を変更(定員14名)
12月 旦過園が就労継続支援B型(定員30名)に事業体移行
熊本コロニー作業所にて自律訓練(生活訓練、定員6名)を開始
2012(平成24)年 4月 共同生活援助(グループホーム)「きずな蓮台寺」(定員4名)を熊本市西区蓮台寺に開所
6月 熊本県コロニー協会相談支援センターを熊本市西区二本木5丁目3番7号に移転
2013(平成25)年 7月 2ヶ所目のグループホーム「きずな野中」(定員4名)を熊本市西区野中に開所
2014(平成26)年 8月 「熊本コロニー福祉ホーム」を3ヶ所目のグループホーム「きずな二本木」(定員20名)に改編
2015(平成27)年 4月 熊本県コロニー協会相談支援センターが熊本市から相談者相談支援事業の委託を受け「熊本市障がい者相談支援センター光」と名称変更
2016(平成28)年 4月 熊本市障がい者相談支援センター光を熊本市西区春日1丁目3-18(現在地)に移転
2017(平成29)年 4月 放課後等デイサービスセンターあした開設(定員10名)
熊本福祉工場に就労継続支援B型事業を併設(定員10名) 就労継続支援A型の定員を40名から30名に変更 熊本コロニー作業所就労継続支援B型事業の定員を20名から15名へ変更 旦過園の就労継続支援B型事業の定員を30名から25名に変更

藤崎台の県有家屋藤崎台の県有家屋

製本作業昭和30年代、総動員の製本作業

二本木移築二本木移築当時の風景

オフセット昭和40年導入のオフセット印刷機KOR

4色機昭和56年、4色機導入

ゼンコロキャンペーン昭和60年、ゼンコロキャンペーン

第1回コロニー夏まつり平成3年、第1回コロニー夏まつり

訓練棟平成16年、新訓練棟完成

相談支援センター内部相談支援センター内部

グループホームきずな野中グループホーム「きずな野中」

TOPへ